『すべてがFになる』綾野剛の無造作ヘアスタイル【髪型再現・作り方】

ayanofninaru1
出典:キマログ

2014年10月に放送されたドラマに出演した俳優のの無造作ながカッコいいと人気を呼んでいる。
綾野剛といえば出演する作品ごとにを変えることで印象がガラッと変わることでも有名だ。
ドラマ『すべてがFになる』では工学部建築学科の准教授「犀川創平(さいかわ そうへい)」役を演じている。
犀川創平は天才的な頭脳とズボラな性格を併せ持つ、かなりの変わり者という役である。
綾野剛のこのドラマでの髪型は無造作ツイストパーマスタイルで個性的な役柄にとてもハマっている。
「すべてがFになる」の綾野剛のヘアスタイルがカッコいいとTwitterなどでも話題に上がっている。
また、街でも綾野剛を真似たヘアスタイルをした男性が増えてきているようだ。

「すべてがFになる」綾野剛のツイストパーマスタイル【髪型再現・作り方解説】

ayanofninaru2
出典:cuttaloca

【カット】
ベースは前髪長めでサイドや襟足をすっきりと短めに設定したマッシュスタイル。
前髪、トップは長さを残してカット。
重めにカットした方がパーマをあてると良い感じになります。
サイドは耳が少し出るくらいにすっきりと。
マッシュベースだけど襟足は少し長さを残した方がワイルドな無造作感、綾野剛感が出ます。

【パーマ】
もみあげ付近、サイド、襟足は外してパーマをあてます。
全体的にツイストパーマのチリっとした無造作な質感が特徴のスタイルですが、ツイストが強過ぎるとハードコアな印象の全く違うスタイルになるので注意。
あくまでソフトなツイストパーマがポイントです。
弱めにツイストさせた毛束をロッドに巻いてツイストとカールをミックスさせます。
前髪はカールが出すぎると顔周りのシャープ間が出ないのでカールをかなり弱くするか緩めのツイストのみにしてもいいと思います。

【セット】
髪全体を一度濡らしてウェットの状態にする。
ドライヤーでトップの根元からボリュームが出るように乾かしていく。
頭皮を指先でグリグリしながら根元をまず乾かす。
その時に指の間からドライヤーの風を入れるようにする。
トップがふんわりしてきたらその他の部分もドライヤーの風を下から当てるようにし、半渇き程度まで乾かす。
ヘアスプレーを使い根元付近のボリュームをキープします。

次にハード系のワックスを全体的に揉み込む。
その際にトップから前髪にかけてクシャっと握るようにしてパーマの束感を作る。
最後にジェルを手のひらに取り(少し水を混ぜてもいいかも。手を少し濡らす程度。)、髪の表面のみにバサバサっと付けて艶感をプラス。
このジェルの艶感によって綾野剛さんのようなセクシーな雰囲気が出ます。
形を整え、仕上げにヘアスプレーを全体的に吹きかけキープして完成。